• カテゴリ 英遊 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

英遊ブログ - 英遊 日記カテゴリのエントリ

江ノ島に初詣

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2013-1-4 0:44


ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

江ノ島にあります江ノ島神社に初詣行ってきました。
この神社は江島弁財天と呼ばれ、幸福・財宝を招き、芸道上達 の功徳があるといわれております。
芸道上達を常に心がけている私には絶対に外せない場所です。
134号線を愛車スペイシーで疾走し、渋滞をしり目にスイスイスーと江の島到着。
正月三日とあって参道はスゲーメニーピーポーのため、参拝までかなりの待ち時間がありました。
神様に今年一年の活動及び無事と家族の健康を祈願して参り家路へと戻りました。
他にも鎌倉八幡宮や寒川神社などいろいろ参拝する予定であります。


 

沖縄から来た守り神

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-12-26 15:32


ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

沖縄から戻ってきました。
やっぱりこっちはえろー寒いですね。
寒暖の激しさに少し体調を崩してしまい、鼻水だら〜ん、喉はガラガラ、もうたまらん!
新年を迎えるに早く体調を整えなければなりません。
皆さんも体調管理には十分にご配慮してください。

沖縄にいる間は天候も良く、12月だというのに半袖短パンでOKでした。(夜は少し涼しいかな)
今回も人との絆を深め楽しい思い出ができました。

写真のシーサーは大嶺工房で購入しました。(このブルーが非常に美しい)
沖縄やちむんの大嶺實清さんの作品です。なかなか手に入らないサイズをゲットしました。
我が家の宝物&守り神です。
ちなみに世界の王(日本プロ野球名球会会長)さんもこの色のシーサーを購入されたとか…。
 

沖縄に来ています。

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-12-20 7:04




ハイサイ! 湘南和傘 英遊です。


現在沖縄に来ています。
それも和傘の行商で!

沖縄やちむんの巨匠大嶺工房にも行く予定。
他にも様々な作家さんとの巡り合いをしてきます。
今回の目的は自分のスペースを拡げるため。
狭い世界にいては視野も狭くなってしまうべなぁ〜。

ちなみにブログの写真は飛行機から富士山を撮りました。
テッペン獲ったるでぇ〜!!!!! オッ、レアリー?

ちょっとした有名人!?

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-12-8 9:56

 


ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

師匠も走りまわる12月。当然、私も色々な雑用に走り回っている今日この頃。まさに貧乏暇なし!
そんな雑用に追われながらも一段落ついたところ、車で作業所に戻る道中での出来事。
地元の中学生が道幅いっぱいに広がってたむろしていました。その数10数人(ヤンチャ系またはオラオラ系がほとんど)。
その道を行かないと作業所に戻れない私は、クラクションを鳴らすのかどうか躊躇してしまいました。
なぜなら、見た目から大人しい気が弱く体も弱い、俗に言う草食系の私は、クラクションを鳴らしてからまれたらどうしようとチョーびびる大木状態でした。
ゆっくり徐行運転していると、何人かの中学生が気づき、しばらく私を見ていました。
その中の誰かがみんなに何かを言ったとたん、その群衆が一気に端に寄りました。
そして「どうもすいません。和傘作りがんばってください!」とのエールを中学生からいただきました。
心の中で「うむ!ありがとよ!」と叫び、ドヤ顔でその前を通り抜けました。
全く面識が無いのに何で知ってんだろ?と複雑な思いが駆け巡り、 俺ってちょっとした有名人!?って感じた今日この頃でした。

ハァ〜、からまれないで良かった…。






 

もう、12月だぁ〜!!!!!

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-12-3 0:24

 

 

ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

あっと驚くタメゴロウ!もう、12月になっちまった。
今年も残すところ1か月を切りました。
今年を振り返るとやりたいことの半分も出来ずにここまで来てしまったような…。
なんだかんだで忙しなかった毎日。でもとても楽しい日々を送っていたと思う。
あと1カ月、2012年を走り抜けましょう。


 

GUCCI  アルチザンとの出会い

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-10-28 0:35

    





チャオ! 湘南和傘 英遊です。

横浜そごう2階のグッチショップにて本場イタリアのフィレンツェからグッチの職人たちが来日し、間近でグッチのプロダクト製作過程が見られる「アルチザン コーナー」を見学しに行きました。
アルチザン(Artisan)とは、イタリアの伝統工芸を受け継ぐ優れた職人のことを言います。
今回は銀座、横浜と「グッチ アルチザン コーナー」を開催し、フィレンツェにある工房の雰囲気そのままに、ハンドバックやウォレットを仕上げる過程を披露しています。
湘南和傘 英遊もちょっとしたルートで招待状をいただき(やらしい表現かなぁ?)、グッチのアルチザンに会いに行きました。(会いではなく見にいくだろ!とのノリツッコミ)
やっぱりホンマモンはすごい!!!! 何がすごいって集中力がすごい。メニーピープルが目の前で見ているのに滑らかにプロダクトを仕上げていく技は一見の価値ありです。そして仕上がりのプロダクトは美しい。(人の視線や雑音が気にならないのか聞きたかった)
私の場合も実演をしたことがありますが、何せ外野の声が耳に入り集中できなかった思い出があります。まだまだ修業が足りんと感じ、自分の実力は屁のツッパリにもならない今日この頃でありました。

そして生意気にも自分の作った和傘を持っていき、上手くいけば自分の作品を見てもらい、チョッちゅコミュニケーションでも取ろうかなと思い、そこの責任者にコンタクトしたところ快くOKがでました。
仕事中なのに職人みんなが集まり和傘を見てヤイノヤイノ(写真)言っておりました。(私はまったくイタリア語が理解できないので何を言っているのかはわかりませんえんナガタニエン)
そのメンバーのリーダーが「お前の作品はすごい!鳥肌が立ったよ。(通訳談)」お世辞にしてもスゲーうれしいの一言。思わず小躍りでもしようかと…。
他にもいろいろ話をさせていただき最後にみんなで写真を撮ってお別れしました。
いやー、こんなにも話しができるとは思ってもみなかったので、予想外の出来事に宇宙人ジョーンズ(トミー・リー・ジョーンズ)もびっくりしたと思います。

今回の出会いも同じモノづくりをしている立場の方からいろいろな情報とパワーをいただきました。
いつしかグッチのファッションショー(ミラノ・ロンドン・パリ・ニューヨーク コレクション?)でモデルさん達が、湘南和傘 英遊の和傘をさしながらランウェイを歩く日がくるのを夢見る少女じゃいられない♪。

「グッチ アルチザン コーナー」に興味のある方は、今月の30日まで開催されております。
なかなか見られないと思いますので、お近くの方はぜひご覧になった方が良いと思います。
もちろん無料です。
Don't miss it!
 

跳ね馬と和傘(Ferrariとコラボ)

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-10-19 18:06





ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

湘南和傘 英遊もとうとうFerrariのオーナーになりました。っと言いたいですがまだまだ先のようです。
上記の写真は湘南和傘をお買い上げいただいた土岐泰弘氏の愛車と和傘の一場面です。
土岐さんとは十数年来の知り合いであり、箱根の個展にも来ていただきました。
今回は私が九州大分に竹の勉強をしに行った帰りに新名神の土山SAまで無理やり来ていただきました。(土岐夫妻様ありがとうございました)
そこで以前購入していただいた和傘と愛車のコラボ写真を見せていただき、迷わず「私のPCに写真を送ってくれまんせんか?」とミーハーなおねだり。
私もダイダイダ〜イの車好きですので、Ferrariと和傘のコラボ画像にはびっくらたまげた門左衛門。

イタリアの跳ね馬に和傘も悪くないですね(自画自賛)。Ferrariという最高級の芸術作品から和傘をさして出てくるなんてまさにアートの塊りです。
次回作は黄色のDinoとのコラボ画像が撮りたいとの無茶ぶりをかましてしまった…。
短い時間でしたがとても楽しい話(ビジネス、旅行、遊びなどなど)をし、また会う約束をしてお別れをしました。土岐夫妻本当にありがとうございました。

湘南和傘 英遊も日本の跳ね馬になってみるか……!? 


 

 

ALOHA! 湘南和傘 英遊です。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20121015-00000519-fnn-soci
五輪メダリストが茶会に招待されたという記事を目にした。
この記事を読む限り、ロンドンオリンピックのメダリスト及びその関係者のみが招待されたとのことであるが、パラリンピックの人たち(メダリスト)は呼ばれているのだろうか?
なぜオリンピックだけに焦点をあてるのか?パラリンピックも同じではないのでは?
今回のロンドンオリンピックで英国はオリンピックとパラリンピックのメダリストを同時にパレードを行った。
個人的には、日本もパレードを行うのであったならば、英国と同じように両者のメダリストを一緒にパレードをしてほしかった。
今回の茶会もオリンピックのメダリストだけではないことを願う…。

 

江の島花火大会

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-10-13 23:40

  




ALOHA! 湘南和傘 英遊です。


今日は良い天気だったので、妻と鎌倉までちょっちゅ出かけてきました。
鎌倉へは人間ウオッチングと美味しい白玉クリーム杏入りあんみつを食べにいきました。
相変わらずの134号線は大渋滞でしたが、我が家には100ccの原付がありますので側道をスイスイスゥー走りで渋滞しらずです。(片道25分ぐらいでいざ!鎌倉です)
鎌倉ぶらりからの帰り道に鵠沼あたりを走っていると、ロッツオブのおまわりさんが交通整理をしていたので、今日は江の島あたりで何かあるのかと思いきや、花火大会が開催されるとのこと!
基本的に私はメニーピープルの集まるところは嫌いですが、ここ数年の花火大会は家のベランダから見ていたので、一念発起して見に行くことにしました。
写真は花火が上がる前の江の島付近のサンセットと、暗くて分かりませんが江の島をバックにドッカンドッカン打ち上がっている模様です。
2尺玉の花火もスゲー迫力ありました(写真)。
ここで一句!
「江の島よ 秋の花火も いとおかし」 Umm…… ポエムだなぁ〜。



 

40歳定年制についての是非

カテゴリ : 
英遊 日記
執筆 : 
湘南和傘 2012-10-11 0:28


ALOHA!湘南和傘 英遊です。

久しぶりの投稿でキーボードを叩く指がカチンカチンに硬くなっていたので、CRC556を指関節にまんべんなくふりかけてブログを作成しております。

10月10日の朝日新聞17面(オピニオン)に面白い記事が掲載してあったので、ここで少し触れてみたいと思います。
「65歳まで同じ会社、本当に幸せ?」との疑問を投げかけるのは、40歳定年制を提唱する東京大学大学院教授の柳川範之氏である。
日本の雇用環境は終身雇用を前提として会社に自分を捧げているので、40歳定年制などとは、ほとんどの一般人からしてみれば、「何言ってけつかんねん!40過ぎたら何したらええねん?」でしょう。
でも、現状はこのような制度がなくともリストラという制度でバシバシ人員削減が行われています。
今まさに大手電機メーカーが経営危機を迎えており大規模なリストラが行われ、40代の方々が失職するという現実が起きている状況です。
失職してから職探しをしてもなかなか上手くいかないでしょう。
私が勝手に思うに、40歳定年制とは、会社を40歳になったら辞めることを考えるから不安になるのであって、常日頃から自分磨きをし新たなスキルを身につけ、自分を生かせる場所を探し出しておけば、その後のライフワークはそんなにあせるものではないのでは。
もちろん、国家の後ろ盾も必要であり、40歳定年を迎えるにあたっての教育や社会保障のシステムを整備しておかなければ、この制度は「絵に描いた餅」になるだろう。
今後の日本の雇用環境がどのようになっていくのかが非常に興味ありでした。
これを読んだあなたどうお考えなのか?  それはあなたしかわからない…。

まっ、ちなみに私の場合は40歳前に勝手に役所を辞めてしまったが…。

 

最新のコメント
アーカイブ
カテゴリ一覧

 
英遊ブログ読んでにゃ♪
leilani&magari